2009.7.10-12  札幌4者対談『3日間を振り返ろう』(編)

ながた「…好きなお菓子ですか?」

まるス「なんだっけ…コロン?」

ながた「丸い器にチョコはいってるやつ?」

まるス「そう」

ながた「幾郎さんはありますか?」

高橋「すあま」

一同「すあま…(笑)」

ながた「お菓子じゃなくないですか?」

梅田「お菓子だよ!」

高橋「お菓子だろ!」

まるス「…でもすあまはおいしい。ほのかに甘い…」

ながた「…梅田くんは?」

梅田「あんこかなぁ…」

ながた「あんこ単品では食べないでしょ」

梅田「ぜんざい」

ながた「僕は…」

梅田「シュークリーム」

ながた「あ、僕シュークリーム好きですね。ポッキーですよ」

たみ「ウソー、食べてんの見たことない」

ながた「ものすごい食べてるよ」

まるス「私、豆大福…六福堂?あそこの美味しいよね」

ながた「僕、豆自体あんまり好きじゃないんですよ、豆ってすごく、なんかこう…」

梅田「ケーキってまだあるの?食べていい?」

ながた「…口の中が豆で満たされるじゃないですか。ピーナッツとかも…」

まるス「いや…でも…」

梅田「僕、カステラ好きだなぁ」

まるス「あ、カステラおいしい」

梅田「おいしいのはほんとにおいしいよね」

高橋「昔はカステラ食べたんだよなぁ…」

梅田「今は?」

高橋「いや、カステラって買うもんじゃないっていう…」

梅田「あー、わかるわかる」

まるス「なんか仏壇とかにねぇ…」

梅田「ばあちゃんちにあったりとかしてた」

高橋「カステラと海苔は自分で買うもんじゃない」

梅田「カルピスは?カルピスも好き。冷蔵庫に常時あるよ」

ながた「でもカルピスって後味が…なんか口に残るでしょ」

梅田「わかるけどねぇ」

まるス「でも牛乳で割るとすごくおいしい…」

梅田「そう、牛乳で割るのもおいしいけど、豆乳で割るとうまい」

ながた「昔NHKでやってたんですよ、水木しげるのドラマ…なんだっけ」

高橋「のんのんばぁとオレ?」

ながた「そう、それ。それで主人公がドーナツ買いに行くシーンがあって」

高橋「で、結局ミスタードーナツとか無かったらドーナツ屋ってないじゃん。考えてみたら。でもドーナツ屋としてあったっていうのはかなりハイカラな」

梅田「ドーナツは良いよなぁ…形がもう魅力的」

高橋「ドーナツ屋やろうかな…」

梅田「“ポリスアカデミー”って観ました?」

高橋「うん…いや…」

ながた「結構観てた」

梅田「パート3で、警察学校の新入生が沢山入って来るんですよ。そんなかに1人暴走族のヘッドがいて、アホのジャンキーなんですけど、そいつらがおじいちゃんおばあちゃんを狙った若者ひったくり集団を捕まえる話で、でみんなで手分けして捕まえろという時にそいつはおじいちゃんおばあちゃんに注意を促すという役割で…なんか会議室みたいなところに老人を集めて“いいかよく聞け、まずはドーナツの喰い方からだ”って…」

たみ「るいくん、こないだ小さい子に“顔見たらドーナツ食べたくなる”って言われてた」

高橋「ドーナツ野郎だ」