カヤン村のお祭り

ガスも水道もないような山のなか、現地のこども19人、声だけでクラフトワークやボアダムズのカバーをやった。いいイベントだったなあ。バンド名、考えねば

小学校のバスケットコートでイカツイ若者たちが白熱のゲームをやってて、技術が高く、ユニフォームみたいなものを着てるので、村の選抜チームかなにかかなーとおもって足元みたら、全員ビーサンを履いてた。なんて格好いい、形から入らないことの典型だな