2014年

10月

01日

不在のライブ

香港滞在中に学生たちを中心とした中国政府に対するデモが始まって、スタッフも皆そっちに参加していたもんで、だんだん規模が拡大するなかで、帰国の頃には展覧会が一時中断されてしまった。そういえば去年バンコクでも似たようなことがあったなあ。指導者の一人は17才で、彼は14才のときに頭角を現し、国家主席との握手を拒否したことで有名になった天才少年。デモでは一部熱くなる瞬間もあるにはあるけど、基本的に大人しく、ただ黙って座り込みをしている状態が持続していて、私たちは仏教的なやり方に倣っている、今は自分たちから発信できるメディアがあるからそれも可能になるのだ、と、アリスから説明を受けた


アリスたちが参加した僕の不在ライブでは、全員が座り込みから一時戻って、胸に黄色いリボンをつけたままでパフォーマンスしたらしい