赤松ちゃんが桜の枝先をつんで窓際に生けてくれた。桜はいまがちょうど満開で、この週末くらいが最後じゃないかと看護師さん。もうすぐ12才になる微々のところに、熊本のおばさんより、という名目でうちの母親からプレゼントが届いたそうで、そもそもこの習慣もなんで続いてるのかよくわからないのだけど、箱の中身は2種類のくまもんのぬいぐるみで、添えられていた手紙には「ひとつ選んで、いらないほうは哲也にあげてください」と書かれていたらしい。12才にぬいぐるみの地点ですでにどうかとおもうけど、僕なんかこの歳になって、しかも病室で、誕生日でもないのに。去年の夏、バンコクまで展示の下見に行ったとき、年度末に近年の日本のアニメーションを特集した映画祭をやるのだときいて「カラフル」をおすすめしたら、その後プログラム担当のスタッフが見て、タイ語に翻訳されて、先月の映画祭で上映され、とても評判がよかったとのこと。たまたまのことで、自分はこの作品とまったく関係ない、ただひとりの観客だけど、口コミってちゃんとつながっていくんだなあ。というわけで今日また見返してみて、最初みたときはさほど気にしてなかったお父さんとラーメンを食べるシーンが大好きになった