2014年

3月

22日

O回裏

問題点を解決すべく、助っ人としてキムさんに来てもらう。というのも、昨日到着からそのままリハも無しで本番に出演してくれた小6のヒョンジュンくんは、キムさんの甥っ子。今日のプレイヤーはヒョンジュンくんと、高校生のジイェさんとサンヒョンくん、と、社会人の捩子くん。ほぼ一晩で全員分のセッティングをつくった捩子くんひとりだけがライブの仕組みを完全に理解しているので、これを他のメンバーに伝えてもらいながら、今日の流れをつくっていく。リハーサルの段階でかなりおもしろい、ような気がする。解像度の荒い小さなモニター越しでしか現場を見れてないけど。音声もほとんど返ってきてないけど。タイムラインを上書きして、尺もぎゅっとタイトになった。李さんと僕は闇で通信しておく必要があるので、テキストをやりとりしながら本番へ。出だしから緊張感があって、プレイヤーが入れ替わっていくことがうまく機能している。中盤、李さんから闇で、良いね、の文字が届く。うん、とてもいい。昨日はあまりに突っ放した内容で、そもそも僕らが何をやろうとしているか、というところを説明する気もなかったけど、今日は最後に、サンヒョンくんがひとりで、お客にむかって挨拶をする。梅田は今日ここに来ません。現在日本の病院に入院中で、2ヶ月後には退院できる見通しだそうです。本日はご来場ありがとうございました。僕の名前はサンヒョンです。今日初めてドライアイスに触りました。そもそも僕は、梅田哲也のことは、何も知りません。(頭を下げてもとの席に戻る)。拍手を聞くより前に通信を切った。準備にバタバタで食べることが出来なかった昼食の代わりに、渡邉くんが買って来てくれたにぎり寿司を食べる。たった4貫だけど、病気になるほどおいしい。ソウルに行くことはできなかったけど、もともとやろうとしていたこととは違ってしまったけど、この状況をサポートしてくれた人たちのおかげで、無事に本番を終えることができた。参加してくれたプレイヤーは、全員とてもよかった。なんでこんな優秀なメンツが揃ったかなあ。もうちょっとアホっ子やポンコツでもよかったんだけど。あとで写真が送られてきて、それを拡大して見ながら、皆こんなに幼い顔してたのか、おどろいた。現場のセッティングまでやってくれた捩子くんには、かなりストレスをかけてしまった。退院したら精一杯ねぎらおう。怖い話で。今日も渡邉くんは座ったまま寝ていた。でも、いい画が撮れました、と言って帰ってった。これでもう、しばらくライブは休業。明日にはまた、大部屋に移動する。以前とは違う部屋になるらしい