SLG

会場はサウスロンドンギャラリーよりさらに南の、元教会、天井が高い石造りの古いたてものココ。前と後ろ双方に巨大な両開きの扉があり、開くとフレームに切り取られた風景、風にゆれる木々とそこから飛ぶ綿毛がなんとも味わい深くて、それきっかけで今回の導線が決まった。木々に万国旗が飾られていたので、いつのものかを尋ねたら、地元の人たちが感謝祭かなんかのイベントをしたまま放ったらかしのものだから外してもらえるとむしろ助かるとのことで、ありがたく

Photo : Ollie Hammick
キュレーターのサイモンが送ってくれた写真。見たいという人がいたのでここに載っけときます

+
こういうライブについて、未知と経験との臨界点をここ数年ずーっと探っていたら、得られた手がかりの幾つかが少しずつかたちになりつつあるようで、ライブ中こういう新鮮な感覚が持続するのは久しぶりだなあ、とおもった