Unlimited26

2日め。フェス会場はかなり大きくて、全てのコンサートがステージの上でとりおこなわれてるのを、僕たちは客席の真ん中に陣取って、ザビエと僕は完全な生音で演奏した。客席の耳を小さい音にフォーカスさせながら、ときどき音も光も完全にシャットダウンしながら。僕がよくひとりやってるようなことを、そのままやれた感じ。会場を煙に巻いたような感もあったけど、どんなライブをやってもザビエはいつも楽しそうだ。植野さんとかもそうだけど、きっとライブ中になにがあってもいいんだろうな

グレートウェイトレスというシドニーの3人組も独特な緊張感がある演奏だったけど、印象的だったのはフィル・ミントンというおじさん。おじさんおじさんとよく書くとお前もおじさんじゃないかと言われそうだけど、僕にとっておじさんだから世間的にはややおじいさん?昼夜で地元住民を集めたワークショップで結成された30人くらいの混声合唱団とExit Edenという凄腕バンドを率いたライブとふたつやってたけど、どちらもとてもチャーミングだった