高尾小フェス

中盤、校庭でのライブがはじまったと同時に、突然の豪雨。太陽の袂を見越して準備されたパフォーマンスが、型も意味もぜんぶ雨とともに一掃される潔さったらなかった。そしてそれをあたりまえのことのように受け入れる演者たちの振る舞いも潔く、これぞ恵みの雨、最強の演出

 

そっから全員で体育館に避難しての環状メロドラ間→僕と植野さん(カマとサックス)→大城くんという流れも、嵐のあと感がすごくて、イベント的にはこのへん神憑ってたんじゃないか

 

あと僕らは最後の最後にも、まったく違うモードでの客出しライブ。僕が火を放つ後ろから鳴る植野さんのエレキ、めっちゃくちゃカッコよかった。後半グダグダのずっこけ展開になってしまったけど、序盤この一瞬、狂気だったなあ。他にもいろいろと、なんやかんや含めて、とてもいいイベントでした。来年もあったら皆行ったほうがいいですよ