2012年

7月

06日

梅エキ田ソ哲ニモ也

そもそもは僕がライブで福岡に行くという噂?が僕の知らないところで立ちあがり、それを聞きつけたエキソニモから連絡をもらったのがことの始まり。エキソニモの2人は去年福岡に引っ越して、IDPWなるスペースを立ち上げた。なんで来福ついでにそこで一緒に何かやろう!という誘いだったけど、ついでも何も、ライブの噂が噂のまま具体的な話にならなかったため、結果的にはエキソニモとの初のコラボレーションが今回の九州でのいちばん大きなプロジェクトとなった

 

ネットを経由して打ち合わせを重ねる段階で大雑把なアイデアが生まれ、ふくらみ、具体的な方向性は現場でセッション的に、って段階での現場入り。そもそもが移動先からの移動で、物理的な準備なんてひとつもできなかった。ずいぶん緩くはじまり、最後はだーっと駆け抜けた3日間。ついこないだのことなのに、既にあの現場が恋しい。それくらいに楽しかった。ある種強引で乱暴な作品ではあるけれど、2人とも全体に貫くハートとアティテュードがあるのて、作品にもそれがバッチリ反映されていたとおもう。最後はなんだか感動したなー

 

2日め中継動画はこちら

 

+

盛り込んだものが多くいろんな角度からみれる作品だとおもうけど、そのための導線が未完成でもあるので、いつかまた再演されるときにそのへんは詰めてみたい。坂田さん、小山さん、大網くんと土下くん、永江くんも、ご協力ありがとうございましたー。こういう人の興味が結集するかたちで作品が生まれるのって、なんか健全で清々しいな