2012年

6月

03日

Lismore

リズモアは小さな町で、そこからさらに車で40分くらいのとこにあるバイロンベイのこれでもかってくらい長いビーチに滞在しながらの小さなライブ旅行。会場はリズモアの町中にあるギャラリー、この町はかつてヒッピーたちの聖域みたいな地区だったらしい。ちょうどやってた展覧会の内容もヒッピーカルチャーの影響を色濃く受けてるようなものが多かった

 

僕のライブの前にtralala blipという地元のバンド?が演奏してたんだけど、これが本当に素晴らしかった。僕は彼らの演奏を受けての返歌のようなことをやってみたけど、本人たちにはたぶん通じたんじゃないかなあ。リーダーのランドルフさんは細馬さんとなんか似てるなとおもった。おもにアティテュードというか佇まいで、見た目もちょっとだけ

 

ローレンスがどうやら顔パスらしい郊外のOZ動物園にも連れてってもらった。あんなこんな動物たちがその辺にうろうろしてるサファリパーク的ところ。OZの動物たちはぜんぶやたらと愛らしく、生態がおもしろい。カモノハシは形も動きも奇跡だったなー。ウォンバットなんて、寝てるだけでもすーっとみてられる

 

鳥の声の出し方が本当に興味深い。小さい声帯があれほど大きく鳴るには構造が重要だし、それを鳴らす技術、奏法の巧みさも半端じゃないな

 

 

http://www.lismoregallery.org/cmst/lrg003/