ケアンズ3

頭上でみつけたこれ、よくよくみると、、

ぎゃー!!!コウモリ電線で感電死!

 

といいつつ、この辺ではそれほど珍しくないらしい

 

+

急遽きまったライブ会場は地元でニューメディアのフェスを主催しているニック・ミルズの別宅だった。ニックは13歳の息子と一緒にここを好き勝手にアレンジして、作品をつくったりイベントやったり、自分の楽しみのために使ってる。ニックだけじゃなく、カイルも他の人も家とかスタジオとか、自分の身近な生活空間を快適にアレンジすることに情熱をもってていいなあ

 

初日にこっそりギャラリーを覗いてたら、会場内を行ったり来たりしてる子供がいて、いなくなったと思ったら次から次に別の大人を引っぱってきて自分の解釈を説明してたんだけど、その子供がニックの息子だった。息子は僕の展示を長時間観察することで、構造もぜんぶ理解したらしい。今日のライブのセッティングも手伝ってくれたし、末恐ろしい子供だ。いろんな意味で、、、

 

庭でたき火を囲んでバーベキューしながらわいわいやって、ほどよくお腹も満たされたところで家の中に移動してライブ。自分のなかで新しい何かをやったわけじゃないけど、みなすごく喜んでくれた。どうも僕のために開いてくれたパーティだったようだし(行ってみて気づいた、、)これでよかったとおもう