横浜滞在、3公演

美術館から自転車をかりて関内と往復する道中は懐かしくもあったけど、どこへも寄らずにただ往復するだけ。でも山東の水餃子は打ち上げでたらふくいただきました

 

初日は内容にも結果にも全く納得できず、大きく舵を切って改変した2日めでは個人的にはやれた部分もあるけどちょっと鋭角に行き過ぎて、3日めでやっと場をつくれた実感あり。最終日、なんといっても終わりのあと___ステージでも客席でもロビーでも、人が動くあの風景がつくりたくて四苦八苦していたのだなあ、今回。最後だけじゃなく始まりのまえも、ライブ中も。覗き込んだり、追いかけたり、上がったり

 

僕にとっては制約が三拍子そろった会場だったけれど、日をおうごとに糸口をみつけてゆき、最終的には他ではやれないようなところに着地できたのではないか。主催の小沢さんやそのお手伝いの中堀くんだけでなく、美術館の親切なスタッフさんや学芸員さんにも超助けられました。これがあったから最後まで完成に向かわずチャレンジを攻めつづけることができたとおもう

 

滞在中とにかく公演のことで頭の中がぐるんぐるんで、ほとんど何も受け付けなかった。でも終わりと同時にその渦がどっと抜けてって、帰り道大阪駅で下車して荷物をロッカーに預けたまま映画館へ。そして未開封のままだったCDをスタジオでがんがんにかけながら荷造りに勤しんで、これから韓国へ飛びます(関空にて)