instrumentalaize at SENDAI

もともといわきのライブが決まって、そのライブの呼びかけ人である佐藤さんが震災以降赴任した仙台で前夜祭という話なんだけど、まさかの台風で朝から空港で足止め。しばらく待っても出航のめどが立たず、立ったとしても飛ぶかどうかはっきりしたことは言えないとのことだったので、急遽Uターンして新幹線ルートに変更。どうやら同じ境遇の人がたくさんいて、空港から仙台駅までずーっと一緒のおばちゃんとかもいた。ライブで空き缶を使いたくなって、到着までジュースを飲みつづけて、ぎりぎり会場入り

 

佐藤さん企画シリーズのinstrumentalize at 仙台チフリグリ。チフリグリさんは小さなギャラリーで、となりにお兄さんの経営する駄菓子屋さんが併設してたり中庭があったりのすてきな場所でした

 

バタバタとやってきて時間がなかったこともあって仙台のなじみの場所や人にも会えず、でも新しい出会いがあったり無理矢理ご当地料理食べたりして最後は渋谷さんところで巨匠Mさんの都市伝説まがいの話をしながら就寝

 

被災した友達が電話で「復興がすすみ住むとこもあたえられ、ひとりになれる時間ができた今だからこそ、不安になる」と言ってた

 

右手がすこしずつ動くようになって、以前とおなじようにつかえないことに不便さを感じるようになった。運動部とかに所属したことがないので自覚がなかったけど、リハビリの先生いわく、僕の手首や指はそもそもすごくやわらかかったのだそうです。そしてもうもとのようには戻らないだろうとのこと。だから、今できる限りの努力をしよう

 

 

 仙台、チフリグリにて