こんがりおんがく会 DODDODOレコ発の巻

こんがりおんがくプレゼンツ、ドッドドレコ発の大阪編

 

ドッドドバンドはコード楽器無しの編成で、演奏の方向性もてんで歪でバラバラで、でもそれが不思議と魅力あるアンサンブルになってる。僕は「たぬき」のときにバカ卍の3人+モツさんと、そば芸を披露しました。途中こどもが出て煙が出てゆるキャラも出て、大勢でモッシュになって、ステージのカオス度が一気に加速していった、、

 

ゑでぃまぁこん、6人になってた。メンバーは増えながら、音楽は深まって、ますます生活のペースと一体になってる。丁寧にひとつひとつ自分たちの音楽を奏でることを、気負い無く自然に体現してる

 

インディアンは、もう、曲とか演奏とか以前のところで振りきってた。3人ともすごい目をしていたし、休止前に見たライブよりも圧倒的に突き抜けた凄みのあるライブでした。会場が揺れてた。出囃子代わりで、びびとこっそり寸劇もやりました。さりげなくツボをおさえたナイスなDJの合間に。おめでとう、ってことで

 

 

 『こんがりおんがく会 DODDODO レコ発やでぁぁぁ〜!!!』

 出演:DODDODO〜DODDODOバンド/ゑでぃまぁこん

 /indian no echo sigh bine no! PAサラウンドシステム:林皇志