大友良英 LIVE ENSEMBLES

2年前に大友さんに誘ってもらったときも「これが最初で最後だろう」と話していたピットイン。前回やり残したこと、やりきれなかったことを踏まえて、このメンバーでやれることの面白さを追求してみました。前半は順列組み合わせでデュオを6セット。休憩を挟んで、全員で長めの1セット。どれもやたら楽しかった。大友さんとのセットはギターが激シブで最高でした。寛太くんとのセットは「これまでのピットイン史上、最も訳が分からん」と評されました。毛利とのは、なんというか、伝承の儀式?みたいなもんですねきっと

個人的な感想として、大友さんはここ最近特に「何をやってもいいよ〜」感が加速していて、言語や習慣を気にしないコミュニケーションのような、自由な演奏の在り方が同時に加速してるような気がします。前日の飴屋さんとのセットもよかった。アンサンブルズのDVD、まだちゃんと全部を観れてませんが、ジャケも撮影もすばらしいです。大阪に帰ったらじっくりみよう

+
ダウト沼田さん「ライブの時間だけ、全てを忘れるんだよなあ」

 

 

 場所:新宿PIT INN

 出演:大友良英、堀尾寛太、毛利悠子、梅田哲也