2011年

2月

10日

ワークショップ

ワークショップって受けたり参加したことないけど、外から見たときの印象ってのはなんとなくあって、それに僕のやってることは馴染めない気がしていて、でも印象だけでモノを判断したらいかんな、という思いもあり、去年お誘いをいただいたものについては幾つかチャレンジしてみました。ところがまあ、やっぱりというか、、、なかなか難しく、今振り返ってみても、本当の意味で自分にとって刺激的な、面白いことがやれたという自信はないです

 

ライブも展示も尺や場といった受け皿が違うだけなんで、ワークショップも受け皿の解釈次第、と言いたいところだけど、否応無しに人と関わる、複数の人と向かい合う要素が強い分、僕には難易度が高い。ただ、去年やってみて手応えがなかったわけではなく、なんとなく自分がやれるような方向性、身の丈に合ったサイズ、てのは掴めてきてる。とくに精華大での回は、いろいろと発見も多い貴重な機会だった

 

で、明日から何をやるかっていうと、具体的な内容はよくわかりません。でもまあ、ワークショップもライブの一部って考えは去年を通過してより強くなってるので、そこでしかあり得ない、起こりえないようなライブの場をつくってみるつもりです

 

だから参加者さんも、普段ライブに来るような気持ちで気軽に来てくださいね。あ、普段ライブに行かない人ももちろん

 

+

ちなみに19日はまた違ったかたちでライブをやります。場所はYCC、ねじくんが中心になって、今回の企画でファシリテーターをつとめた人たちと一緒に何やらよくわからないいたずらごとを目論んでいます。情報はこちらにて